インストール手順

スパイボットをインストールして、スパイウェア対策を始めよう

無料でスパイウェア対策ができる「スパイボット」をまずは使ってみましょう。
インストール手順動画を参考に、お使いのパソコンにインストールしてください。

現在の最新バージョン(1.6.0)では、前バージョンに比べ
検査スピードが向上されているようです。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

動画(約1分15秒/2.24MB)をご覧いただくには、画面上の再生ボタンをクリックしてください。

詳しくは下記の説明をご覧ください。

1.インストーラーを起動

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動します。

2.言語を選択

インストールで使用する言語を選択します。
日本語の場合、リストから「Japanese」を選びます。

3.利用規約を確認

利用規約を確認し、「同意する」にチェックを入れます。

4.インストール先の指定

任意のフォルダを指定することができます。
特に指定がない場合はデフォルトのままで構いません。

5.コンポーネントの選択

インストールするファイルを選択できます。
Full installation」のままで問題ありません。

6.プログラムグループの指定

プログラムグループとは、ウィンドウズのスタートメニュー内にプログラムごとの
ショートカットをまとめたものです。

スパイボットのプログラムグループを登録する場合は、そのまま「次へ」をクリックします。

7.追加タスクの選択

追加のオプション設定を選択します。

Additional icons
Create desktop icons : デスクトップにショートカットアイコンを作ります。
Create a Quick Launch icon : タスクバーにショートカットアイコンを作ります。
Permanent protection
Use Internet Explorer protection (SDHelper) :
SDHelper機能(Internet Explorerのスパイウェア監視機能)が有効になります。
Use system settings protection (Tea Timer) :
Tea Timer機能(パソコンのシステムに常駐し、スパイウェアがシステム設定を
書き換えたりする被害を監視する機能)が有効になります。

8.インストールの開始

設定を確認し、変更がない場合は「インストール」をクリックして
インストールを開始します。

9.インストールの完了

インストールが完了すると、完了画面が表示されます。
・スパイボットを起動する場合は、「SpybotSD.exeの実行
・Tea Timer機能を有効にする場合は「TeaTimer.exeの実行
にそれぞれチェックを入れて「完了」をクリックします。

これで、スパイボットのインストールは完了です。

次は、スパイウェアの検査など基本的な「スパイボットの使い方」をご紹介します。

このページのトップに戻る

  • スパイボットとは
  • インストール手順
  • スパイボットの使い方
  • スパイボットのおすすめ設定
  • セキュリティの強化

スパイボットのダウンロード

Spybot - S & D 1.6.2
(file size: 15,650 KB)

スパイボットの最新版はこちらからダウンロードできます。

Spybot.jp について

インターネットが当たり前のように使われている現在、 パソコンのセキュリティ対策は必須ではないでしょうか。

当サイトでは、そんなセキュリティ対策の中でも、感染していることに気がつきにくい、 スパイウェアに焦点を絞り、特に無料でスパイウェア対策ができる「スパイボット」に 関して機能や活用方法などをご紹介しています。

Links

動画コンテンツについて

当サイトでは、ご覧いただくためにFLASH PLAYERプラグインが必要なコンテンツを含んでいます。

プラグインは こちら から無償でダウンロードできます。
FLASH PLAYER ダウンロード